歴史を持つのぼり

歴史を持つのぼり

日本で長い歴史を持っている「のぼり」ですから、その製法や種類というのは色々あって当然なのかもしれませんが、戦国時代以前から使用されていたことには驚きました。

のぼりの作り方として、引き染めという方法があるのですが、これは生地に糊置きをし、感想した後に染料で染めていく方法です。

その他にも、スクリーン捺染と言う方法があり、防染糊を使わないで顔料などをこすりつけていく染め方や、インクジェットと言って液状のインクを吹きつけて色をつけていく方法なのですが、最近ではこれが一般的となっています。

細かいデザインやカラフルなモノに関しては、インクジェットが非常に便利です。

そんな事を考えながら、のぼりを見ていると面白いですし、どのような方法で製造されているのを推測するのも楽しいです。

格安でのぼりを制作できる

のぼりの制作って少し前までは地元業者に依頼するのが定番だったのですが、今やネットで注文し1円でも安く良質なのぼり旗をつくろうとする事業者の方が増えてきております。

そのような期待を背負って人気です。

100枚製作すると1枚あたり360円から注文を受けることが出来ます。

これがどれくらい安いかというと、ネットで調べるとわかるとおり、他業者より圧倒的な価格になっています。

もちろん、素材を良くすれば少し高くなりますが、それでも安いです。

季節や期間限定でのぼりを宣伝用具として利用したいチェーン店なんかにはうってつけですね。
数百店舗分ののぼり制作が、36,000円(税別)~で済むのですから。

是非、参考にしてみてください。